モトローラ製スマホ「Moto X」の広告が初登場 ―カスタム性を強調

Ad Ageは2日(現地時間)、モトローラの未発表スマートフォン「Moto X」の登場を予告する広告を掲載しています。

広告には “Moto X. Coming soon.” と記載があり、「Moto X」が近日登場することが予告されています。さらに、 “The first smartphone designed,engineered and assembled in the USA is coming.” “The first smartphone that you can design yourself.” との記載もあり、Moto Xがアメリカで開発・製造され、さらにカスタマイズ可能なスマートフォンであることも示唆しています。

この広告はニューヨーク・タイムズやUSA Today、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストなどに掲載される予定です。

スクリーンショット 2013-07-03 6.09.50

Moto Xは本体カラーを20色以上から選べるとも、ストレージ容量やRAMの容量を選べるとも噂されています。さらに、センサー機能に特化したスマートフォンで、ユーザーが車で運転中か、またはポケットから取り出されたかを検知できるとの公式発表もあります。

さらに、Moto Xの実機とされる画像も流出しています(下画像参照)。Moto Xは当初は超弩級のスペックを誇るスマートフォンであると噂されていましたが、FCCの資料から、デュアルコア・HD解像度(1280×720ドット)ディスプレイを搭載した “手頃な” スペックのスマートフォンであることが推測されています。しかし、Moto Xの売りはその先進的なセンサー機能にあるとされており、それがどのような機能なのか、正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

moto-x-leak

[Ad Age]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます