ノキア「Lumia1020(EOS)」の鮮明な外観画像・詳細スペックが流出 ―3色展開を確認

Windows Phone Centralは8日(現地時間)、4100万画素カメラを搭載すると噂される、ノキアの未発表Windows Phone端末「Lumia 1020(EOS)」の鮮明なレンダリング画像と、詳細なスペックを掲載しています。

EOS

上に掲載した画像をみると、まずLumia 1020(EOS)にはイエロー・ホワイト・ブラックの3色が存在することが確認できます。そして背面には、特徴的な「4100万画素 PureViewカメラ」の他に、キセノンとLEDのフラッシュが見て取れます。

情報によると、同端末は光学式手ぶれ補正を搭載し、カメラのF値は2.2。3200万画素撮影と500万画素撮影が同時に可能(アスペクト比は16:9)。3800万画素撮影時のアスペクト比は4:3。そして、500万画素撮影時には7個の画素情報を1つにまとめる “super pixel”技術を搭載しているとのこと

カメラアプリ「Pro Camera app」では詳細なカメラ設定が可能で、「ISO」「ホワイトバランス」「マニュアルフォーカス」「シャッタースピード」「フラッシュ」の項目を変更できるとのこと。

proto2_2-500x281

カメラグリップ兼バッテリーカバー

OSはWindows Phone 8 バージョン8.0.10322.71・2GBのRAM・32GBの内蔵ストレージを搭載し、SDカードスロットは搭載されないとのこと。FMラジオとNFC、フリップでのサイレントにも対応。また、一部で囁かれていた「Lumia 909」は開発初期の名称で、この端末は最終的にはLumia 1020としてリリースされるとしています。

Lumia 1020は今月末にAT&Tが取り扱いを開始し、マイクロソフトストアには7月22日に出荷され、その後発売されるとのこと。小売価格は602ドル(約6万0780円)で、上の画像のようにイエロー・ホワイト・ブラックの3色がラインナップ。グローバル版の発売開始日は不明だとしています。

Lumia 1020(EOS)はニューヨークで11日に開催されるイベントにて発表されるとも噂されています。既に外観や詳細なスペックについては情報が流出していますが、搭載される専用のカメラアプリには、さらなる新機能が搭載されているかもしれません。この端末の正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

[Windows Phone Central]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます