NTTドコモ、国内最速の150Mbps通信を東名阪で10月開始

NTTドコモは26日、国内最速となる下り最大150MbpsでのLTE通信サービスを10月から開始すると発表しました。同サービスの提供が予定されているのは東名阪地域(東京・名古屋・大阪)で、7月30日より神奈川県の一部で試験運用を開始するとのこと。

20100825003_docomo

同社によると、今回の下り最大150Mbps通信サービスには1.7GHz帯の20MHz幅が利用される予定であるとしています。なお、同社は現在、下り最大112.5MbpsでのLTE通信サービスを東名阪をのぞく一部地域にて提供中です。

ドコモは10年12月に下り最大75Mbpsサービス、12年11月に下り最大100Mbpsサービス、13年3月に下り最大112.5Mbpsサービスを開始しており、13年10月に開始する下り最大150Mbpsサービスへと段階を踏んで順調に通信速度を向上させていることが分かります。

なお、下り最大150Mbpsでの通信が可能となるのは今年10月以降に発売される端末に限られており、今年の夏モデル以前の端末では150Mbpsでの通信を利用することは出来ないとのこと。

ますます高速化するスマートフォンの通信速度ですが、これらの数字は「理論値」であることに気をつけなければなりません。通常、実際に利用できる「実効値」は理論値を大幅に下回ることが多く、消費者に対して誤解を生みかねない表記になっています。総務省もこのことを問題視しており、今後はパンフレットなどに記載する数値を理論値から実効値に切り替えるように各キャリアへ要請していく方針です。

[NTTドコモ / Impress]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます