東プレ、英語104配列のタイプライター風キートップ採用キーボードを発表

東プレ株式会社は10日、同社が既に販売中のプロ仕様キーボード「HiPro」シリーズに、英語104配列を採用した「REALFORCE104HG-HiPro」を新たに加えると発表しました。店頭販売価格は2万7800円。また、英語87配列を採用したキーボード2種も新たに販売されます。これに伴い、現在販売中の英語配列を採用した「REALFORCE86U」は2013年12月で生産中止になるとのことです。

タイピングの際の打感や疲労感に気を配るユーザーの皆様にはお馴染の “東プレキーボード” ですが、ついに英語104配列に対応したものが登場します。ユーザーからのリクエストで販売にこぎ着けたとしており、英語配列を愛する方には必見のキーボードとなりそうです。

東プレ株式会社

画像は日本語108の「REALFORCE108UG-HiPro」

HiProモデルは、キートップに「電子式タイプライター」を模した構造を採用しているのが特徴。いわゆる昔懐かしの中央が緩やかに窪んだキートップになります。一時期はこのようなデザインのキートップは古臭いとの評判を受けることもありましたが、今では立派に付加価値としての存在意義が生まれているようです。

接続方式はUSB。押下特性はALL45g±15g。キーボードケース(筐体)は黒色で、キートップはグレー。刻印は昇華印刷が採用されています。

[東プレ株式会社]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます