レビュー:魅惑のフルHD中華スマホ「OPPO Find 5」 気になる完成度は

コアユーザーにも納得の機能

oppo_find_5_ss01oppo_find_5_ss02

上画像・左側はホーム画面。対応している言語は中国語(繁体)、中国語(簡体)、英語、ロシア語の4つ。日本語には対応していないので、お馴染の「MoreLocale 2」を導入した状態。

上画像・右側は設定画面になるが、各種表記が日本語に変わるといったことはない。したがって、メニューやアラートなどにおける数多くの表記が英語である点には注意が必要である。とはいえ、英語が読めない方であっても、一般的なAndroid端末と構造は同じであるし、アラートなども簡単な英語表記であることを踏まえれば、使用する上での障壁は極めて低いものと思われる。

icon_oppofind5

アプリなどのアイコンは角丸四角のデザインが用いられており、アイコンとしての視認性は良い一方で若干の野暮ったさを感じてしまうところ(個人的)。設定画面にはスタイリッシュかつフラット系のデザインが採用されているのだから、同じテイストでホーム画面などもデザインして欲しかったというのが正直な感想である。

oppo_find_5_ss02oppo_find_5_ss04
oppo_find_5_ss05oppo_find_5_ss06png

設定メニューは「一般/全般(General)」「サウンド(Sound)」「ディスプレイ(Display)」「パーソナル(Personal)」の4つに大きく分かれており、使い勝手も良い。

タッチ画面におけるスクロールの摩擦係数(抵抗値)はやや低めで、わずかにスクロールさせるとしばらくの間ゆっくりスクロールし続ける。端に到達した際にはスクロールバウンス機能が働くので、iPhoneで慣れているユーザーにとっては受け入れやすいと思われる。個人的には好きなエフェクトであるだけに、Androidの標準ないし、一時はバウンス機能を取り入れていたGalaxyシリーズでの復活を望みたいところだ。

*ちなみにスクロールバウンスは一時期、アップルの特許として認められていた時期があったが、サムスンとの訴訟を経て無効の判断が下っている(米国)。

それにしても、薄グレーの背景色にパステルカラーのグラデーションアイコンは美しい。スクロールの気持ちよさと相成って弄っていて楽しくなってしまうほど。話はやや逸れるが、古いRPG(ゲーム)にフィールドマップを飛空艇で散歩できるようなもの(例:FF7)が存在するが、楽しくて意味もなくただ空を飛んでしまうのと、それは似ている。UIや操作感といったものを設計するときに、そういった心地よさがいかに大切であるかを気付かせてくれる瞬間だ。

oppo_find_5_ss07oppo_find_5_ss08

上画像・左側は通知画面。Wi-Fiや画面の回転制御、データ通信のオン/オフといったトグルスイッチが用意されている。通知センター(Notification center)からは、アプリごとに通知のオン/オフが設定可能。

oppo_find_5_ss15oppo_find_5_ss16

ちなみに、通知画面のトグルスイッチは表示順や表示自体をカスタマイズすることができる。自分の好きな並びでトグルスイッチを配置できるのは嬉しい機能だ。なお、1画面で表示しきれない部分は横スクロール形式で表示される。

oppo_find_5_ss09oppo_find_5_ss10

OPPO Find 5が、”ガジェオタ” の心を掴んでいて、ユーザーの声をしっかりと反映していると思われる部分が上画像のもの。「ファイルマネージャー」と称したアプリが内蔵されており、あらゆるファイルへの橋渡し役になっている。音楽・動画・画像はもちろん、APKやZIPといったカテゴリ分けも存在。FTPやDLNAを選択すれば、同じローカルエリアネットワーク内の外部端末からアクセス可能だ。

上画像・右側にある「Phone storage」の項目では、端末内のディレクトリ構造をそのままブラウジングすることが出来る。このような機能は外部アプリを導入すれば実現できるものだが、OPPO Find 5には標準搭載されている。普段、著名なメーカー製の端末を利用している人にとっては斬新かもしれない。

oppo_find_5_ss11oppo_find_5_ss12

上画像が実際にFTPサーバーやDLNAサーバーを立ち上げる画面。1タップで起動することができ、ファイルのやり取りも簡単だ。

1 2 3 4 5

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます