レビュー:魅惑のフルHD中華スマホ「OPPO Find 5」 気になる完成度は

筐体の質が高く、コストパフォーマンスも高い

oppo_find_5_00本記事では、中国メーカーOPPO社のスマートフォン「OPPO Find 5」をレビューしてきたが、カメラの画質については、連続レビュー「HTC J One」「Galaxy S4」に続く4記事目として「カメラ画質対決」の模様をお届けする。詳しくはそちらを参照して頂きたい。

OPPO Find 5は日本円で4万円台と非常にお手頃な価格ながらも、端末の剛性・質感は全く劣るところがなく、液晶クオリティやタッチパネルの感度、カスタマイズのし易さといった点でも非常に満足できる機種である。

特に、OPPO社がユーザーとのコミュニケーションを密に図ることで、ファームウェアの質の向上を試みるなど、胡坐をかいてユーザーにアップデータを “提供してあげてる” といったスタンスの有名メーカー・キャリアとは大違いだ。

こういった点を踏まえても、SIMフリースマートフォンを愛用するユーザーにとっては必須の一台ともいって良いほどで、海外に渡航した際に利用するスマートフォンの第一選択になることは間違いないだろう。

こうしてみると、国産メーカーはおろか、韓国・台湾の強豪ですら立場がますます危うくなってきているようにも思える。正直なところ、日本の大手キャリアから「OPPO Find 5 OP-01A」といった名前でリリースされてもおかしくない程の出来栄えだ。

OPPO社のような勢いのある中国メーカーが安価に端末を製造・投入することで、次の草刈り場とも言われている新興市場では競争が激化することが予想されるだけに、OPPO Find 5の後継機種などにも注目が集まるところだ。

※本記事の著者および編集部・媒体は、通称「技適」こと、技術基準適合証明を受けていない通信機器およびその他関連機器の利用を勧めるものではございません。電波を発する通信機器は、日本国および渡航先の国々の法律・法令に基づいて利用してください。日本国および各国の法律・法令に反して当該機器を利用しても、著者および編集部・媒体は一切の責任を負いません。
1 2 3 4 5

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます