ついに3GBメモリを搭載したGalaxyNote3が9月登場か —サムスンがRAM量産へ

サムスンは24日(現地時間)、スマートフォン向けの3GB RAMの量産を開始したと伝えています。

samsung-3gb-phone-ram

credit:サムスン

サムスンが量産を開始したのはスマートフォン向けに開発を進めていた3GBで低消費電力のDRAM「LPDDR3」です。年内にも、このRAMを搭載したスマートフォンを発売するとしています。

これにより、フルHDの動画再生もスムーズになりマルチタスクの作業スピードや4G LTEの通信速度を改善することができるとのことです。

サムスンは今年後半に向けてこの3GB RAMを搭載するハイエンドなスマートフォンを発売するとしており、その第一号の端末となるのは「Galaxy Note3」であると見られています。

Samsung-Galaxy-Note-3-concept-1

Galaxy Note3のイメージ

Galaxy Note3は、5.7インチでオクタコア(8コア)プロセッサに1300万画素カメラが搭載、さらにフレキシブルディスプレイが採用されると伝えられており、ハイスペックな端末になることが予想されています。これまで伝えられてきた情報から推察されるGalaxy Note3の主なスペックは以下の通りです。

搭載OS Android 4.3
ディスプレイ 5.7インチ フレキシブルディスプレイとの情報も
解像度 フルHD 1920×1080ドット
CPU Exynos 5 OctaまたはSnapdragon 800 2.3GHz
RAM 3GB LPDDR3
背面カメラ 約1300万画素

世界初(LGの「Optimus G2」が世界初になるとの情報もある(過去記事))となる3GBメモリを搭載したスマートフォンによりサムスンの躍進はまだまだ続くようです。

[サムスン]
[Engadget英語版 via TechRadar]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます