ソニー、8コア同時駆動プロセッサをMediaTekよりサンプル受領か

台湾紙「経済日報」 は2日(現地時間)、台湾市場の観測として、ソニーやLG・ファーウェイ・Lenovo・ZTEが台湾MediaTekから8コア同時駆動可能なプロセッサ「MT6592」のサンプル提供を受けたと報じています。

MT6592は8基の「Cortex-A7コア」を搭載し、最大2GHzですべてのコアを同時に駆動させることができます。サムスンも8コアプロセッサ「Exynos 5 Octa」をリリースしていますが、こちらは負荷によって高性能な4コアと省電力な4コアを切り替える「big.LITTLE」技術によるもの。8コアの同時駆動が可能なMT6592はこれまで市場にあまりなかったタイプのプロセッサで、AnTuTuのスコアでも30000ポイントという非常に高いスコアを達成したといわれています。

また報道によると、MT6592は「Android 5.0」が8コアプロセッサに対応しているため、それに合わせて投入されるとのこと。

sony-same-logo-635

8コア同時駆動可能なMT6592については、その先進性や性能を本日他の記事でもお伝えしましたが、同プロセッサを搭載したスマートフォンがソニーからリリースされる可能性があると思うと楽しみで仕方ありません。

MT6592はAnTuTuのスコアでExynos 5 Octa以上、「Snapdragon 800」以下という、非常に戦闘力の高いプロセッサに仕上がっており、ハイエンド製品への採用にも十分に耐えうるプロセッサです。まだまだ情報は少ないですが、同プロセッサがどれだけのスマートフォンに採用されるのか、楽しみに待ちたいと思います。

[EMSOne]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます