伊ソニー子会社で不正アクセス被害 ―顧客情報流出か

ソニーのイタリア販売子会社である「ソニーイタリア」は、顧客データが保存されているサーバーに外部からの不正アクセスがあったと発表しました。

ソニーの発表によると、不正アクセスが確認されたのは今月13日のこと。氏名・メールアドレスなど、およそ4万1000件の顧客情報が流出した可能性があるとして、確認を急いでいます。

sony-same-logo-635

流出した可能性のある顧客情報はイタリア在住のユーザーに関するものがほとんどということですが、他国ユーザーの情報が含まれているかどうかは未だ確認中だとしています。

ソニーは情報が流出した可能性がある顧客に対して謝罪のメールを送る一方で、不正にアクセスされた原因や流出した情報の特定など、詳細の確認を急いでいるとのことです。

ソニーによる個人情報の流出と言えば、一昨年にゲーム機「PlayStation 3」などのオンラインサービスである「PlayStation Network(PSN)」から延べ1億人以上の個人情報が漏えいするという事件が真っ先に思い浮かびます。この件に関してソニーは先日、イギリス当局から課されていた約3750万円の制裁金を支払うことに同意したばかりです。

一昨年の流出事件に比べると規模は小さいものですが、被害を受けた顧客一人一人にとって、情報の流出は規模の大小に関係なく非常に迷惑な事態です。ソニーイタリアには、素早い原因の究明と、これ以上多くの情報が流出しないような改善策の実施を望みます。

[NHK][NHK]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます