米マイクロソフトのCFOを務めるTami Reller氏は8日(現地時間)、Microsoft’s Worldwide Partner Conference(WPC)にて、「Windows 8.1」のファイナルバージョンを8月後半にPCメーカーに対して出荷することを明らかにしました。

これにより、ホリデーシーズン(年末)に出荷されるPCにはWindows 8.1が搭載されることが確定しました。しかし、一般向けにWindows 8.1のアップデートがいつ提供されるのかについては明らかにされませんでした。

また同イベントでは、Windows 8.1を8インチタブレットやPCで動作させるデモや、PCから「Xbox One」へコンテンツをストリーミング配信するデモ、米アップルの「AirPlay」にも似た転送システムのデモの紹介などがおこなわれました。

windows-8.1

これまでも、マイクロソフトがMicrosoft’s Worldwide Partner ConferenceにてWindows 8.1の出荷日程に関する発表をおこなうのではないかという予想がありましたが、まさにその予測通りの展開となりました。Windows 8.1を搭載したPCの出荷はホリデーシーズンには間に合うとのことで、リリースタイミングについてはまさに狙い通りといったところでしょうか。

後は、同新OSがどれだけ消費者に受け入れられるかが勝負となりそうです。Windows 8.1ではスタートボタンの復活も予告されており、「Windows 8」はWindows 8.1から本格的な普及期へと突入することができるのでしょうか。

[THE VERGE]