新型iPadはiPhone5Sの少し後に発表か ―Retina版iPad miniも

ブルームバーグ英語版は14日(現地時間)、独自の情報として、新型iPadやRetina版iPad miniがiPhone5Sの発表後それほど遅れずに発表されると報じています。iPhone5S・iPadの両端末は、ホリデーシーズンに間に合うように発売される予定であるとのこと。

ipadminiretina

Retina版 iPad miniの予想画像

先日報じられたように、iPhone5Sは9月10日(現地時間)に開催されるイベントで発表されることが確実視されています。iPadがその後に登場、かつホリデーシーズンに間に合うように発売となると、10月もしくは11月中の発表が期待されます。

また、iPhone5Sの発売はiPadシリーズとの兼合で10月25日に遅れるとの情報もありますが、これが事実であるとすれば、iPadの発表は11月ではないかと筆者は予想します。アップルは自社の主力製品を競合させることを好まないため、iPhone5Sの発売まではその存在を公表しないだろうとの考えからです。

Retina版iPad miniの情報はこれまで錯綜しており、来年になるとの予想や、今年は非Retina版に限られるとの情報がありました。しかし、今年中に登場する機運が徐々に高まっている気がしますが、果たしてどうなるのでしょうか。

新型Nexus7とRetina版iPad mini、どちらを買うか未だにお悩みの方も多いと思いますが、すぐに必要のない方は11月ごろまで待ってから検討するのも一つの手段となりそうです。

食欲の秋、芸術の秋のみならず、 ”ガジェットの秋” になりそうな今シーズン。期待とわくわくに合わせて、お財布の中身にも気を使う必要がありそうです。

[BloomBerg]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます