発表目前で!iPhone5Sの本体写真がリークされてしまう

米国時間9月10日に開催されるとみられるiPhone 5S発表イベントですが、発表まで1ヶ月を切ったこのタイミングで、iPhone 5Sの背面パーツを撮影した画像が新たにリークされました。

Apple-iPhone-5S-new-images-appear-compare-it-with-current-iPhone-5

具体的には「iPhone 5とはほとんど変わらない」ことがある意味大きな特徴となっており、プラスチック筐体を採用しつつ5色のカラー展開となる廉価版「iPhone 5C」とは違って、スペックアップに留まる可能性も出てきました。

ただし、指紋認証機能の核心部分となる「ホームボタン」やNFC関連パーツは未だに流出しておらず、真相は闇の中であることには違いありません。とはいえ「流出していない=存在しない」と見ることも出来るだけに、やはり9月10日の発表を待つのがぬか喜びせずに済む方法であると思われます。

さて、本体写真を詳細に見ていくと「iPhone」のフォントが細字になりました。フォントはiPhone 5Cと同じく「Myriad」を採用。フォントウェイトは「Light」であるようです。

写真撮影環境が悪いためにパープル色に見えてしまいますが、実際はホワイト&シルバー用の筐体を撮影したものであると思われます。

Apple-iPhone-5S-new-images-appear-compare-it-with-current-iPhone-5 (2)

iPhone 5SとiPhone 5を比較したものがこちらの画像です。本体上部とホームボタン周りの構造がわずかに変化していますが、指紋認証機能を搭載するにはやや手狭な印象が拭えません。

スマートフォン市場はAndroid勢の台頭が著しいだけに、そろそろ2年に1回の大規模刷新サイクルが厳しいようにも思える一方で、App Storeや関連アクセサリなどを含めた市場規模で確固たる地位を固めるiPhone。アップルはどのような戦略でこの戦乱を乗り越えていくつもりなのでしょうか。

[Nowhereelse via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます