指紋認証搭載?iPhone5Sのホームボタン部品に大きな変化 ―パーツ流出

米国時間9月10日にも発表されるとみられている「iPhone 5S」。そのパーツ画像がまたまた流出しました。その中には、ホームボタンに関する大幅な変更を示唆するものが含まれており、指紋認証技術を搭載する可能性も浮上しています。

今回流出したのはホームボタンを含むいくつかの内部部品です。

5s-parts-dock-home-sensor-cable-imore

Credit:iMore

まずは、画像左側の部品から見ていきたいと思います。他の部品よりも一回り大きいこの部品は、ドックコネクタ関連部品とみられるものです。この部分については「iPhone 5」のものと特に大きな違いはなく、現行同様にLightningコネクタが採用されるようです。しかしながら、部品を取り付けるためのネジに変化が見受けられ、iPhone 5のドックコネクタから若干改訂されるかもしれないとiMoreは指摘しています。

続いて画像左から2番目の部品は、デバイス上部の電源ボタン、側面の音量調節ボタン・ミュートスイッチに関する部品であるとみられており、この部品についても特にiPhone 5との違いは見られないようです。

そしていよいよ、画像左から3番目の部品ですが、これはホームボタンに関する部品です。

new-home-cable-back-5s-imore
5s-home-sensor-front-imore

Credit:iMore

この流出したホームボタンの部品にはiPhone 5との大きな違いが見受けられます。これまでのホームボタンであれば、多くの配線やチップなどを必要としないのですが、今回流出したホームボタンにはそのコネクタ部に多くのピンが見受けられ、配線やチップが付け加えられていることが分かります。

iU1LmdnGRvXSnMHt.medium

iPhone 5のホームボタン部品 Credit:iFixit

iPhone 5Sには指紋認証機能が搭載されるとの情報が以前より伝えられていますが、この部品はそれを示唆したものなのでしょうか。指紋認証機能そのものの部品が見つかったわけではないので確定はできませんが、ホームボタンに何らかの機能が実装されるものと思われます。

なお、流出画像一番右端の部品はアンテナに関する部品で、この部分についてiPhone 5との違いは特にないようです。

今回流出したiPhone 5Sの部品から、ドックコネクタの内部改良とホームボタンに何らかの機能が実装される可能性が示唆されました。開発者向けのiOS7 beta版では生体認証に関するファイルも見つかっており、今回の部品流出で、iPhone 5Sに指紋認証機能が搭載されるとの見方がより強まったように思います。

[iMore]
[iFixit]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます