iPhone5Sの前面パネル大きな変化なし 指紋認証も非搭載か

欧州のWEBサイト「Letem Svetem Applem」に、iPhone 5SとiPhone 5の前面パネルを比較したリーク画像が登場しました。外見から詳細な比較を行った結果、ケーブルの長さなどに若干の変化は見られるものの、注目されているホームボタン周りの構造はiPhone 5と殆ど変わっておらず、指紋認証機能が非搭載である可能性が高まっています。

iphone_5S_vs_iphone1

今回リークされた画像は、前面パネルを裏側(内部)から撮影したもの。右側がiPhone 5Sですが、上部に伸びるフレキシブルケーブルの長さが変化していたり、ねじ穴の位置が変化していたりする程度で、大きな変化はありません。もちろん画面サイズ等も変わらず、4インチのまま。

iphone5s-130806-2

パネルを前側から撮影したものがコチラ。光センサーやFaceTime Cameraの位置も変わらず。フレキシブルケーブルは長さだけでなく、端子部分の配置構造が変化していることが分かります。

iphone5s-130806-3

最後に注目されているホームボタン周辺部分。iPhone 5Sに搭載されると噂されている「指紋認証機能」はホームボタンに実装されているとみられていますが、ホームボタン周辺の構造は全くといって良いほど変わっていません。ねじ穴の位置も含めて一緒です。

毎回何かと話題になる「リキッドメタル」「指紋認証」「NFC」の3点ですが、iPhone 5Sでこれらが実現することはあるのでしょうか。

[Letem Svetem Applem via Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます