輝きすぎ…金色iPhone5Sの背面パーツと思われるものが流出

フランスのWEBサイトMacBouticは16日(現地時間)、iPhone 5Sのものと称するシャンパン色の背面パーツを撮影した画像を公開しました。

photo_4_iphone_5s_coque_chassis_orphoto_2_iphone_5s_coque_chassis_or

この種のパーツはiPhone 5向けにも多数製造されており、中国では店先で背面パネルの変更サービスを行っている所もあるほどです。個人的には偽物(フェイク)ではないかとも思っているのですが、いかがでしょうか…。仮に本物だとした場合、シャンパン色というよりはまさに金色という表現が相応しく、中国では非常に人気のあるカラーになりそうです。

Apple-iPhone-5S-new-images-appear-compare-it-with-current-iPhone-5 (2)

ちなみに、先に流出しているシルバー色の背面パーツが上の画像右側になります。今回の金色パーツと比較すると……見事にiPhone 5Sのものと一致してしまいました。「一致してません!」と書くつもりで画像を引っ張り出してきたのに、まさかの誤算。特に本体上部の作りが特徴的なので、そこを見ると判別がしやすくなります。

photo_3_iPhone_5S_Coque_Chassis_Or

横からみると、通信用の切り欠きが白色ではなく「ベージュ or 金」に近い色であることもわかります。下の画像は弊サイトが作成したiPhone 5S・シャンパン色のイメージ画像ですが、これよりもかなり濃い金色になる可能性が出てきました。

iphone5s_champagne

“アップルロゴが存在しない” といった謎な点も多い今回のパーツではありますが、真相はいかに。チャイナモバイル向けにTD-LTE版を投入するといった噂も聞こえてきましたが、中国市場を強く意識した「金色iPhone 5S」は果たして実現するのでしょうか。

[Macboutic.fr via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます