「驚くべき機能を搭載」待望のiTV、11月に発表か

Apple Insiderは16日(現地時間)、米アップルが噂されている多機能テレビ端末「iTV(仮称)」を11月に発表する可能性があると伝えています。

13.01.23-Apple_TV_Interface

この情報は、アップル関連の情報に定評のあるJohn Gruber氏とTech CrunchのMG Siegler氏が米アマゾンについてのトークショーで語った内容から明らかになったものです。

Siegler氏は、トークショーが終わりに近づいた時、「アップルが今年後半に驚くべきテレビ端末を発表する可能性があることを聞いた」と切り出し、これまで噂されてきたiTVについての情報を話し始めました。

Siegler氏は、「私が聞いた最新の情報では、アップルのテレビ端末は11月に発表され、それは必ずしもテレビスクリーンがあるものとは限らない」と続け、さらに「それにはいくつかの驚きがあることは確かで、具体的にどんなものなのかについてはよく分からないが、とても興味深い ”相互作用” であるとの内緒話を聞いた」と語りました。

iTVについては以前から、iOSでお馴染みの音声アシスタント「Siri」を利用した本格的な多機能テレビ端末の開発をアップルが進めていると伝えられてきました。しかしながら、Siegler氏によると噂されているSiriの応用はなく、アップルは「新しい対話方法を開発している」としています。

今回伝えられた「テレビスクリーンがあるものとは限らない」との情報や、Siriを応用しない「新しい対話方法」が開発されるとの情報から、Apple TVのように今家庭にあるTVをそのまま利用できたり、ジェスチャーなどを使用して操作したりするものとなるのでしょうか。

アップルのティム・クックCEOは、今年4月の決算発表会で「今秋から年末にかけて驚くべき製品を発表する」と明言しています(過去記事)。

今秋は「iPhone 5S」や「iPhone 5C」、「第5世代iPad」などのリリースも伝えられており、アップルの動きに目が離せない状況となりそうです。

[Mule Radio via Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます