韓国LG電子は27日、同社が製造を手がけるAndroidスマートフォン「Nexus 4」を8月30日から日本国内で販売することを正式発表した。Nexus 4はその名の通り「Nexus」ブランドを冠したピュアAndroid端末で、欧米でも一時期は品薄状態になるなどの人気端末。

米国では昨年11月13日に発売されていたものの、長らく日本では販売されていなかった。約9ヶ月遅れての登場となる。なお、週刊アスキーの情報によると、ヨドバシカメラ・ヤマダWEB・ビックカメラ.comなどですでにオンライン予約が受け付けられており、実売価格は4万9800円。

lg-nexus-4-official-550x400

Nexus 4はSIMロックフリー状態で販売され、GSM/UMTS/HSPA+に対応するがLTE通信には対応しない。SIMロックフリー端末なので、日本国内のMVNO業者のサービスを利用することも可能。海外旅行の際にも活躍しそうだ。

主なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.3
CPU 1.5GHz クアッドコア
Snapdragon S4 Pro
ディスプレイ 4.7インチ TrueHD IPS+
解像度 1280×768
RAM 2GB
ストレージ 8GB/16GB
外部ストレージ 非対応
背面カメラ 800万画素
前面カメラ 120万画素
対応ネットワーク GSM/EDGE/GPRS
850/900/1800/1900MHz

WCDMA
850/900/1700/1900/2100MHz
HSPA+ 21Mbps

Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
ワイヤレス充電 対応 (Qi)
NFC 対応
外部端子 microUSB、Slim HDMI、イヤホンジャック
連続通話時間 15.3時間
連続待受時間 390時間
バッテリー容量 2100mAh
重さ 139g
サイズ 133.9(H)×68.7(W)×9.1(T)mm

[LGエレクトロニクス]
[週刊アスキー]