「Nexus 7」新型モデルを徹底レビュー!高精細ディスプレイの性能は?

ベンチマーク結果

AnTuTuベンチマークとQuadrant Standardによるベンチマーク結果を掲載する。

Screenshot_2013-08-12-02-11-46Screenshot_2013-08-12-02-12-20

AnTuTuベンチマークの結果は「18524」。初代Nexus 7より大幅にスコアが向上していることが分かる。ほぼ同スペックの「Nexus 4」と変わらぬスコアである点にも注目。

使用用途にもよるが、ブラウジングや電子メール、TwitterをはじめとしたSNS程度の利用であれば快適すぎるほどだ。もっとも、左記のような用途であれば “処理スペック的には” 初代Nexus 7でも十分ではあるが…。

Screenshot_2013-08-12-02-15-44

Quadrant Standardの結果は「Total:5478」。HTC One Xよりも上回っており、概ね2012年春・夏頃のハイエンド機種と同等のスペックだ。

Wi-Fiの速度がとにかく速い

Screenshot_2013-08-12-04-13-15 Screenshot_2013-08-12-04-11-41 Screenshot_2013-08-12-04-12-25

新型Nexus 7はデュアルバンドのWi-Fiに対応していることもあり、とにかく速い。ルータとは5GHz帯の802.11aで接続。WAN側はauひかり ギガ得プラン(1Gbps)。

上の画像は3回計測した結果のスクリーンショットであるが、いずれもping値が低くレスポンスはすこぶる良い。速度も上々で、有線のギガビットイーサ―で接続したPCに引けを取らない結果となった。

pc

有線環境での速度計測結果

個人的にはオススメの一台 悩み種はiPad mini?

ここまで新型Nexus 7について見てきたが、一番のウリであろう液晶ディスプレイの高解像度化は消費者の期待通りであった。個体差はあると思われるが色温度が高い点を除けば、ブラウジングなどの用途であってもきめ細やかなディスプレイに唸ってしまうかもしれない。

さて、初代Nexus 7を利用しているユーザーは手放しで買い換えを勧められることは間違いない。前述の液晶ディスプレイに加え、処理スペック的にも順当な進化を見せているし、約50gの軽量化も恩恵が大きい。

一方で、現行モデルの「iPad mini」を利用しているユーザーはさらなる検討が必要であろう。まず、Androidスマートフォンなどを利用しているユーザーは移行を考えて良いかもしれない。

次に、iOSのみを使用してきたユーザーは10月頃に発表されるとみられる「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を待つのも手だ。新型Nexus 7の日本における発売が8月下旬であることを考慮すれば、そこから概ね1ヶ月半程度で次期iPad miniが披露されることになるので、その登場を待ちたいところ。

Nexus   Google

2013/08/12 時点でGoogle Playでの公式予約は始まっていない

冒頭でも触れたが、Nexus 7は市場・消費者のニーズを的確に読み取り、価格とスペックのバランスが極めて良い。Nexusというブランドも出来つつあるし、最新のAndroid OSが即座に配信される点もガジェット好きにはたまらぬ要素の一つだ。

猛暑が続く中でも、間もなく季節は秋に移り変わろうとしている。ホリデーシーズンを前に、初秋から新製品が控えている状況ではあるが、購入を検討するに値する一台であることは間違いないだろう。

1 2 3 4 5
このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます