ソニーは19日、個人情報とデータを分離し、データのみを保存することで個人情報流出のリスクを軽減できるクラウドシステムを開発したと発表しました。

※ここでいうデータとは、個人情報と結びつけられた各種情報のこと。後述ではお薬手帳での使用例が挙げられており、個人情報と投薬に関する結びつけを切り離すことで必要以上のデータが漏れることを防いでいる。

クラウドによる個人情報の管理は近年普及が拡大してきましたが、情報管理のセキュリティについてたびたび問題になっています。しかし、今回ソニーが開発した新システムでは個人情報とデータを分離し、データだけをクラウドに保存するという仕組みを採っています。この技術により、クラウド上のサーバーに悪意を持ったアクセスがあった場合でも、個人情報流出を防ぐことが可能になっています。

さらにソニーでは、この新技術と同社が開発した非接触型ICカード「FeliCa」の技術を応用した「電子お薬手帳」のサービスを提案しています。このサービスは、2013年秋から神奈川県川崎市にて実証試験が行われる予定です。

「お薬手帳」には、処方された薬の種類や服用履歴などが記されており、病院にかかる際に薬局に提出された経験がある方もいらっしゃるかもしれません。電子お薬手帳とは、まさにそのお薬手帳を電子化したものであり、FeliCaカードを利用することで、自身に投薬された薬を記録することができます。

加えて、今回のサービスではスマートフォンを利用した連携にも注目されます。電子お薬手帳では、クラウド上に保存された投薬情報にスマートフォンからアクセスすることができ、簡単に情報を管理することが可能。患者と薬剤師間のやりとりをより簡潔にし、家族間での健康管理において役立つことが期待されます。

情報管理において電子化が進み、今回提案された電子お薬手帳のように、私達の周りでは ”便利だ” と感じる場面も多くなってきました。しかし、それは個人情報の流出という新たな危険性を生み出すことでもあったのです。

クラウドサービスについては、この ”便利さ” と共に ”安全性” を確保することが極めて重要であり、今回ソニーにより開発された新システムについても、実用の幅が広がっていくことが期待されます。

[ソニー]