3辺超狭額縁・フルセグ対応―ソフトバンク、AQUOS PHONE Xx 302SHを発表

ソフトバンクモバイルは30日、シャープ製のAndroid搭載スマートフォン「AQUOS PHONE Xx 302SH」を発表した。発売は2013年12月上旬以降。

ソフトバンクが提供する「Hybrid 4G LTE」に対応し、下り最大110Mbpsの通信を利用できる。FDD-LTE方式の「Softbank 4G LTE」とAXGP方式の「Softbank 4G」の両方に対応し、これをHybrid 4G LTEと呼んでいる。

FDD-LTE方式のSoftbank 4G LTEは、ソフトバンクの2.1GHz帯のネットワークに加え、イー・アクセスが提供する1.7GHzのネットワークも利用できる。いわゆる「ダブルLTE」として展開しているもので、75Mbpsの高速通信が可能な「倍速ダブルLTE」も順次拡大していくとのこと。なお、Hybrid 4G LTEはAXGP方式のSoftbank 4Gがエリア内の場合、Softbank 4Gを優先して繋げる仕組みであるとのこと。

02_pic_03

AQUOS PHONE Xx 302SHの大きな特徴としては、世界初となる「3辺狭額縁」設計のディスプレイを搭載した点。通常、”極薄ベゼル” と呼ばれる端末は本体左右の2辺のみが狭額縁であることが一般的であるが、AQUOS PHONE Xx 302SHは上辺も狭額縁。これにより、前面における画面占有率が80.5%を実現。従来機種と比較して小型化しながらも画面サイズを5.2インチに拡大することに成功した。

5.2インチの液晶画面は1920×1080ドットのフルHD表示に対応。シャープが独自開発したLSIチップを搭載することで色彩・彩度・明度を調整し、細部まではっきりと鮮やかな表示ができる。

また、「二日間余裕で利用できる」と称した大容量バッテリーも搭載。実用量は2,600mAhとなる。CPUにはクアルコム製のSnapdragon 800「MSM8974」を採用。2.2GHz駆動のクアッドコアでハイパワーな処理を実現する。

02_pic_02

さらにテレビ放送の受信機能はワンセグだけでなく、フルセグ放送の受信にも対応。フルセグ放送は家庭用テレビでも利用される放送波。ワンセグと比較すると高精細かつノイズが少なく、鮮やかなテレビ放送を楽しむことが出来る。

カメラにはF値1.9という非常に明るいレンズを搭載。約1630万画素のCMOS撮像センサー組み合わせて、開放撮影時には “背景をぼかす” といった表現が可能になった。

搭載OS Android 4.2
ディスプレイ 5.2インチ
S-CGSilicon液晶
解像度 1920×1080ドット
CPU 2.2GHz駆動 クアッドコア
Snapdragon 800 MSM8974
RAM 2GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC対応
背面カメラ 約1630万画素 F1.9レンズ
前面カメラ 約120万画素
対応ネットワーク Hybrid 4G LTE対応
W-CDMA : 900/2.1GHz
FDD-LTE : 900/1.7/2.1GHz
AXGP : 2.5GHz
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応
フルセグ 対応
赤外線通信 対応
バッテリー容量 2,600mAh
防水 IPX5,IPX7
サイズ 約132(H)×70(W)×9.9(T)mm
重さ 約147g
展開色 ラピスブルー、ホワイト、ブラック、ピンク

[ソフトバンク・モバイル]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます