ソニーの変わり種「レンズカメラ」DSC-QX100/10のプレス画像

こういう製品が出てきてこそ “ソニーらしい” といっても過言ではありません。ソニーがIFA2013で発表するとみられるレンズ型カメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」のプレス向け画像がリークされました。

Sony_QX10_12

このカメラはレンズと撮像センサーなどが一体化されたカメラで、レンズカメラ単体で利用できるだけでなく、ソニーのXperiaシリーズはもちろんのこと、各種Android端末やiPhoneにも装着することができる製品です。

このような製品自体は初めてのもので、スマートフォンのカメラレンズを拡張するアクセサリーは存在するものの、今回の製品はあくまでもレンズカメラで完結しているもの。

もちろんスマホ時代にしっかり対応したもので、レンズを通して映る景色(画像)をスマートフォンの画面を通じて見ることが出来るだけでなく、オートフォーカス(AF)機能やズーム機能、絞り・ISOといった値を変化させて露出を調整できるとされています。

Sony_QX100_27

上位機種にあたるDSC-QX100は、既に発売されている高級コンパクトデジタルカメラ「RX100M2」にも採用されている1インチサイズの撮像センサーを搭載。さらに光学ズーム対応のカール・ツァイスレンズを採用しています。リーク情報による価格は450ドル(約4万4300円)。

下位機種にあたるDSC-QX10は1/2.3インチの撮像センサーを搭載。光学ズーム対応のレンズですが、カール・ツァイスレンズではありません。同価格は250ドル(約2万4600円)。

高機能なカメラを搭載したスマートフォンが数多くリリースされる一方で、コンパクトデジタルカメラの市場は芳しくない状況です。

Sony_QX100_33Sony_QX100_39

とはいえ、綺麗に残したいという層も決して少なくない一方で、選択肢となるミラーレス一眼は手荷物が増えるという印象が強いもの。そこで登場するのがこのレンズ型カメラ。軽量で気軽に装着できるのがウリですので、「綺麗に残したい層」と「手軽に撮影したい層」の両方を掴むことができるかもしれません。決して万人受けする製品ではありませんが、なんとも楽しそうなカメラです。

[PhotoRumors]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます