ソニー、変わり種「レンズスタイルカメラ」発売日決定!10月25日

ソニーは12日、同社がIFA 2013で発表した「レンズスタイルカメラ」の発売日を発表しました。下位モデルのDSC-QX10(ブラック/ホワイト)と、上位モデルのDSC-QX100の両方が10月25日に発売されます。価格はオープン価格ですが、ソニーストア価格ではQX10が2万4980円、QX100が5万4980円です。

DSC-QX100

このレンズスタイルカメラはレンズ単体でも写真撮影が可能な変わり種デジタルカメラですが、スマートフォンとWi-Fi接続することで、スマートフォンの画面を撮影モニターとして利用することが可能。Androidスマートフォンだけでなく、iPhoneなどの端末にも対応します。

スマートフォンへの装着は本体のバネ式挟み込み機構を用いてカンタンに装着することができ、スマホを本格デジカメに変化させることができます。Wi-Fiの電波さえ届けば必ずしもスマホに装着する必要はなく、車載カメラや自転車に取り付けるアクセサリーが登場すると、違った使い方で楽しめるかもしれません。

上位機種のDSC-QX100は撮影機能もかなり本格的で、同社が販売する高級コンパクトカメラ「RX-100 II」にも搭載されている1.0型裏面照射型Exmor R CMOSセンサーを搭載。レンズにはF1.8の大口径カールツァイスレンズを採用しており、美しいボケ味のある画像を撮影できるとしています。

なお、明日9月13日から銀座のソニーショールーム、ソニーストア大阪、ソニーストア名古屋で先行展示を実施。14日~29日に銀座ソニービルで開催される「Xperia Z1 Japan Premire」においても展示されます。

[ソニー公式サイト]
[特設サイト]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます