サムスン渾身のスマート腕時計「Galaxy Gear」の正体判明

各社しのぎを削るスマート腕時計(スマートウォッチ)ですが、まもなく開催されるIFA 2013で発表予定のサムスン製スマートウォッチがリークされました。具体的な製品画像がリークされるのは今回が初めてで、かなり秘匿されていたように思われますが、カンファレンスの練習会場のような場所で撮影されてしまったのかもしれません。

samsung-smartwatch-4

今回情報を公開したのはVentureBeat。Galaxy Gearは単なる非力な高機能腕時計ではなく、1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサ「Exynos 4212」を搭載しており、Android 4.2.2を採用した “超小型スマートフォン” のようなものになると伝えられています。

上の画像を見る限りでは上部に通知バーが配置されており、右端には電池残量のようなアイコンを確認できます。左側にも何か3つのアイコンがあるようですが、具体的に何であるのかは分かりません。

装着している人物が屋外にいることと、カジュアルなトレーニングウェアのようなものを身につけていることを踏まえると、画面に映しだされている「336」という数字は歩数なのでしょうか。

samsung-smartwatch-3

上の画像には脈拍計のような機能が写っています。事前のリーク通り、手首の脈拍を計測する機能を備えているようです。元々スポーツとスマートウォッチの相性は抜群なので、GPSによるロギング機能や脈拍管理といった機能が搭載されるのはある意味予定調和と言えるかもしれません。

なお、通知部分には「Chromeブラウザ」のアイコンが見て取れます。これが何であるのかはわかりませんが、ブラウジング機能を備えているのでしょうか。

samsung-smartwatch-1

最後はこちら。アイコン画像から「カメラ機能」が搭載されていることが分かります。また、その撮影した画像をギャラリーとして表示することも可能なようです。その他には心拍数アプリと「←→」のような謎のアイコンが存在します。

現地時間4日に発表されるとみられるGalaxy Gear。IFA 2013の注目製品の一つになることは間違いなく、駆動時間や機能の内容によっては話題を総ざらいする可能性もあります。ガジェット速報では現地からその模様をお伝えしますので、ぜひお見逃しなく!

[VentureBeat via SlashGear]

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理をしています。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます