米グーグルが開発するメガネ型デバイス「Google Glass」に新機能が3つ加わりました。年内発売に向けてGoogle Glassはブラッシュアップを続けているようです。

THE NEXT WEBが9日(米国時間)に伝えるところによると、Google Glassに月例アップデート(XE9)が実施され、ディスプレイ上に映るすべての風景(写真)に対して四隅を黒くぼかす…いわゆるケラレの効果を施すことが出来るようになり、撮影した画像をより写実的に見せることが出来ます。

BikingMtTamVignette

さらに、検索結果にYouTubeとサウンドも含まれるようになりました。Google Glassの検索といえば音声検索が有名ですが、YouTubeやサウンドまでも検索できるようになることで、ちょっとした合間にYouTubeを見るといったことや、サイクリング中に流す音楽を気軽に変更できるといった利点があります。 “ノっている” 時にはスピーディーな楽曲を聴きたい!といったシーンで活躍しそうです。

個人的にはこういうユーザーの気持ちを先読みして移動量(/スピード算出)などに応じて楽曲をコントロールする機能が欲しいところです。

BayBridgeVignette

なお、YouTubeは再生コントロールにも対応しており、再生・一時停止・早送り・巻き戻しなども可能。まさしく手元操作不要のウェアラブルデバイスになりつつあります。

[Google+] [THE NEXT WEB]