「IIJmio高速モバイル/Dサービス」一部値下げ、SMS機能も新たに

インターネットイニシアティブは25日、同社が提供するMVNO形式のモバイルインターネットサービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の一部プランにおいて、値下げすると発表しました。また、新たにSMS送受信に対応したSIMカードの提供も開始されます。

iijmio

価格改定が実施されるのは2013年10月1日から。「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」の2つが値下げ対象で、改訂後の価格はそれぞれ1,596円と2,688円。

改定前 改訂後
ライトスタートプラン 1,974円 1,596円
ファミリーシェアプラン 2,940円 2,688円

SMS対応でアンテナピクト問題解消、既存ユーザーはSIM交換が必要

値下げ以外の大きな特徴は10月7日から「SMS機能」が提供されることです。SMSは電話回線を利用したメッセージ送受信サービスですが、この機能に対応することで一部端末において発生する “アンテナピクト問題” が解消されます。アンテナピクト問題とは、実際は圏内であるにも関わらず圏外と表示される現象で、そのことが原因で端末が過剰な通信試行を行うためにバッテリー消費が大幅に増えていました。

SMS機能を利用するにはSIMカードの交換対応が必要となり、希望する既存ユーザーはSIMカードの交換が必要となります。発行手数料は2,100円(税込)。SMS対応カード1枚追加する毎に147円(税込)が毎月発生します。

SMS送信は国内宛で3.15円/通(税込)、海外宛で50円/通(非課税)、受信は無料です。

交換は申し込み制で、申し込みから1週間程度で届くとのこと。到着日は予め登録済みのメールに通知され、古いSIMカードは到着日の前日(つまり23:59)まで利用できるとしています。その後は新しいSIMカードが到着するまで古いSIMカードは利用できませんので、若干のダウンタイムがあることに注意が必要です。

[IIJmio]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます