iPhone 4sにiOS7をインストール! ―想像以上に動作は快適

iOSはジョニー・アイヴ氏のもとで劇的なデザインの変更を遂げ、様々な機能を追加した過去最大規模のアップデート「iOS 7」が19日午前2時前(日本時間)に公開されました。

しかしこれまでのiOSアップデートと同様、米アップルは最新でない端末には一部の機能を制限しています。例えば、目玉機能の一つである「AirDrop」は、iPhone 5以降、iPad(第4世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)のみに対応し、私の持つiPhone 4sでは利用できません。

また、旧世代の端末に最新iOSをインストールすると動作が重くなる場合があり、これらの端末を利用する方々の中には「しばらく様子見」という方も多いかと思います。

ところで私・Yusterは2009年4月にiPhone 3Gを購入して以来、ずっとiPhoneユーザーを貫いてきました(現在はiPhone 4sを使用)。また私は自他ともに認める「新しい物好き」であり、所有する端末で入手可能なiOSの最新版を配布開始日にすぐにインストールするという、いわゆる「人柱」であり続けてきました。

今年も5年連続で「人柱」になりましたので、読者の中におられるであろう「iPhone 4sユーザー」の参考になればと思い、アップデートおよび使用感のレビューをまとめさせていただきます。

iphone_4s_ios7

インストールレポート

こちらが今回 “実験台” になるiPhone 4s。色はホワイト、容量は16GBです。空き容量が少ないので、iTunes経由でのアップデートを選択。余裕のある方は、Wi-Fi経由によるOTA(Over The Air)アップデートも選択できます(3.1GB以上の空き容量が必要)。

SONY DSC SONY DSC

このように背面がバリバリに割れてしまっているため、iPhone 5sへ機種変更予定。

私の環境では、OTA経由では午前2時前に配信を開始。iTunes経由は(毎度のことだが)遅れて2時50分頃からダウンロードできるようになりました。

IMG_7590

ダウンロードの途中に以下のようなエラー(9006など)が表示されることがあります。これは、セキュリティーソフトやファイアウォールによってダウンロードが中断してしまったということを示します。その場合、ダウンロードの間だけはそれらのソフトをオフにすれば正常にダウンロードできます。

スクリーンショット (138)

ダウンロードが完了すると続いてインストールが始まります。インストールは自動で進み、途中で再起動を挟みながらズンズン進んでいきます。私の場合、インストール開始から再起動まで9分かかりました。万が一、進捗バーが動かなくても電源ボタンを長押ししたりせず、辛抱強く待ちましょう。

SONY DSC

再起動後、iPhoneの画面上に位置情報とiCloudに関する設定項目が現れますが、それ以外の基本的な設定はすべて以前の設定を引き継いでいます。

IMG_7591 IMG_7592

インストールの最後に、「キャリア設定の更新」を求められるので更新します。

以上で、アップデートは終了です!

SONY DSC

映像で動作を確認!

iOS 7をインストールしたiPhone 4sが動作する様子を動画に収めましたので、ご覧ください。

このように、iOS 7はiPhone 4s上でも非常に快適に動作していることが分かります。画面描画のカクツキはほとんどなく、アプリも十分高速に起動しています。

またロック画面やホーム画面における、端末の動きに応じた「画面に奥行きがあるかのようなエフェクト」はiPhone 4sでも有効になっており、動画の前半(0:45~)でそれを確認することができます。

ここで驚きだったのは、当初「iPhone 5以降」とされていたカメラアプリでのリアルタイム写真フィルターがiPhone 4sでも使用できたことです(1:55~)。写真フィルターの効果を確認しながら撮影できるので、エフェクト付写真をより楽しく撮ることができます。

音声アシスタントのSiri(3:08~)は、iOS 7で晴れて「正式バージョン」となったのですが、デザインが一新され、機能も多数追加されています。動画では紹介していませんが、Webやツイートの検索結果をSafariなどに飛ぶことなくSiriが表示してくれる機能はなかなかの良改善で、これまでよりも「使える」アシスタントに成長しています。

IMG_7692[1]

iOS 7の画像ギャラリー

IMG_7688 IMG_7689

IMG_7597 IMG_7612

 IMG_7596IMG_7595 

下の2枚は同じバージョンのアプリ「Apple Store」をiOS 6とiOS 7とで比較したもの。

IMG_7587 IMG_7611

iOS 7は旧機種でも軽快

最新モデルのiPhone 5c/5sはいよいよ20日(明日)にも発売となりますが、そのおよそ2年前、2011年10月に発売されたiPhone 4sは、今後も8GBモデルが継続して販売されます。そのこともあってか、iOS 7はiPhone 4sでも不満なく快適に動作するように設計されているものと思われます。また当然、iPhone 5でも快適に動作すると考えられます。

また、今回のレビューの中ではバグらしいバグは見つかりませんでした。いち早く試したいがバグが心配だという方にとっては朗報です。しかし重大なバグや脆弱性は今後発見される可能性がある上、現在全てのアプリがiOS 7との互換性を持っているとは言えず、安全で安定した動作を何より望む方は、様子を見るに越したことはありません。

今回のiOSアップデート レポート&レビューがiPhone 4sを愛用する方々の参考となれば幸いです。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます