iPad mini2とiPad5は同じ薄さに —比較動画が登場

Retinaディスプレイの搭載が期待されている「第2世代iPad mini(通称:iPad mini 2)」ですが、その詳細な寸法を「第5世代iPad(通称:iPad 5)」と比較した動画がYouTubeに登場しました。動画を投稿したのは昨日もiPad 5の比較動画(過去記事)を公開したUnbox Therapyです。

動画では、現行モデルのiPadとiPad mini、そして新型iPad 5とiPad mini 2の比較を行っています。

まず、iPad mini 2のデザインですが、現行モデルのものとほとんど変わらないことが分かります。また、昨日の記事でもお伝えした通り、iPad 5はiPad miniを踏襲したデザインに一新され、小型・軽量化されるようです。驚くべきはその薄さで、iPad mini 2とiPad 5の薄さはほとんど同じであることが分かります。現行モデルのiPadの薄さが約9.4mmなので、この動画の内容が本物であれば、iPad 5は現行モデルよりも約2mmほど薄くなることになります。

なお、注目されているiPad mini 2へのRetinaディスプレイ搭載については未確定ですが、搭載された場合厚みが若干増すとの懸念があります。

また、小型化されたiPad 5とRetinaディスプレイを搭載したiPad mini 2に心配されるのが、バッテリー駆動時間の減少です。IGZOディスプレイの搭載など個々のパーツに省電力設計を施しているとの情報も度々伝えられていますが、不安視されるバッテリー問題に米アップルがどう対応するのかも注目したいところです。

iPad 5とiPad mini 2は共に10月に発表され、同月下旬にもリリースされるものと見られています。

[Unbox Therapy via 9to5Mac]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます