9.7インチ「iPad Retinaディスプレイモデル」の新型モデルをお待ちの方、いよいよ待望の新機種といえるものが登場するようです。

YouTube上に公開された、iPad 5こと、第5世代iPadの背面パネルと現行モデルを比較した動画が公開されました。この動画からは、新型iPadが非常に薄くなることが明らかになり、現行モデルよりも軽薄になることは間違いないようです。

ipad5-04

上の画像では、iPad 5が現行モデルよりも横幅が小さく、さらに丸みを帯びたiPad miniのようなデザインに変更されることが分かります。個人的には上の画像だけでもかなり衝撃的な比較ですが、下の画像ではベゼルが大幅に細くなることが分かります。

ipad5-07

黒枠が現行モデルのiPad。それに対して被せるように置かれている白枠がiPad 5のフロントパネルです。正面から見てもiPad miniのようなベゼル比になることが分かります。現行iPadよりも大幅に小型化されるとなれば、iPad miniと需要を食い合うといった心配も杞憂に終わるかもしれません。

ipad5-03

裏面同士の比較がこちら。薄くなっていることは一目瞭然で、影の出方でもその様が分かります。もはやiPad miniなのではないかと間違ってしまうほど。

来週10日に開催されるイベントでは発表されないとみられるiPad 5ですが、10月には新たな発表イベントを開催して、iPodシリーズやMac Proを同時に披露するとみられています。iPad miniのRetinaディスプレイモデルに注目が集まりがちですが、iPad 5も見逃せない製品になるかもしれません。

[Apple Insider]