iPhoneにも大画面化の波が押し寄せる —来年は5インチを計画か

米アップルが9月10日(米国時間)に開催する新製品発表イベントでは、各所で注目されている「iPhone 5S」と「iPhone 5C」が披露される見込みですが、これを待たずして早くも来年のiPhoneに関する情報が入ってきました。

アップルに関する予測で評価の高いKGI証券ミンチー・クオ氏は、アップルが2014年に大画面iPhoneの投入を計画していると報告しています。

samsung-galaxy-note-2-vs-galaxy-s3-vs-iphone-5-1

Credit:Gotta Be Mobile

クオ氏によると、アップルは4.5インチ〜5インチサイズのiPhoneを計画しており、「iPhone 5」でも導入されたインセル型タッチスクリーン技術を採用し、大画面化しても薄型デザインを維持するだろうとしています。

iPhoneの大画面化については、今年始めから「iPhone math」や「iPhone Plus」といった名称で5インチサイズのiPhoneがリリースされるとの情報が飛び交っていました。これらは今年にもリリースされるとも伝えられていましたが、まだ初期のプロトタイプ段階で今年中のリリースは無理であるとする情報が伝えられてからは、大画面iPhoneに関する情報は一時沈静化していました。

ところが先日、米ウォール・ストリート・ジャーナルがアップルの4.8インチ〜6インチ級iPhoneの計画を報じるなど、iPhoneの大画面化についての情報が再熱したように感じます(過去記事)。

アップルは今秋にもiPhone 5Sと廉価のiPhone 5Cをリリースするとみられており、「iPad」に関しても昨年から小型タブレット端末「iPad mini」をリリースするなど、製品のラインナップ拡充に力を注ぎ始めていることが窺えます。これらを踏まえると大画面iPhone投入の可能性も否定できません。

この大画面iPhoneについては、来年のリリースが期待できるとのことなので、まずは発表目前のiPhone 5S・iPhone 5Cに期待したいところです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます