iPhone 5s/5cのバッテリー容量はiPhone 5よりやや増加 ―FCC文書から判明

AnandTechは12日(現地時間)、FCC(アメリカ連邦通信委員会)の文書から、10日に米アップルが発表した「iPhone 5s」「iPhone 5c」のバッテリー容量が判明したと伝えています。iPhone 5と比べるとiPhone 5sは10%程度、iPhone 5cは5%程度容量が増加していることがわかりました。

FCC_iphone_5s

iPhone 5cのバッテリー仕様 Credit:AnandTech

Screen Shot 2013-09-12 at 12.56.59 AM

iPhone 5sのバッテリー仕様 Credit:AnandTech

詳細を見ると、iPhone 5s/5cのバッテリーはiPhone 5のものと同様、フル充電状態で3.8Vの電圧を持つように設計されている一方で、エネルギー容量はわずかに増加しています。

デバイス iPhone 5 iPhone 5s iPhone 5c
バッテリー電圧 (V) 3.8 3.8 3.8
エネルギー容量(Wh) 5.45 5.96 5.73
電流容量(mAh) 1440 約1568 約1507

電流容量は『エネルギー容量÷バッテリー電圧』で実際に計算してみますと、上のような値となりました。

このように、iPhone 5sのほうがiPhone 5cよりもやや大きなバッテリーを搭載していることが判明しましたが、アップル公式サイトによると2機種の間に動作時間の違いは見当たりません。iPhone 5sは新型A7プロセッサーやM7モーションコプロセッサー、そして指紋センサーを搭載していますが、これらが消費電力に影響しているのかもしれません。

ところで、iPhone 5s/5cのバッテリー容量はiPhone 5より確かに大きくなってはいますが、現在一般的なAndroid端末と比べると、数字の上では見劣りしてしまいます。最近のAndroid端末は平均して2000mAh以上、中には3000mAhを超える容量のバッテリーを搭載している機種もあります。

iPhone 5s/5cは大型バッテリーを搭載したAndroid端末に比べると筐体が小さいため、現状ではこの程度の容量増が限界かと思われます。しかし、そういった端末に「実使用時間」で引けを取らないiPhoneの電力効率の高さには驚かされるものがあります。

あと7日と数時間で発売となるiPhone 5s/5cですが、新たな機能やLTEによる高速通信を長時間使うことができるのか、仕様を見ただけではわからない「実使用時間」にも注目です。

[AnandTech via Macお宝鑑定団]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます