iPhone5s、実際の販売台数は550万台程度か ―900万台はキャリアへの販売数

BUSINESS INSIDERは23日(米国時間)、ブルームバーグTVに出演したPiper Jaffrayのアナリストを務めるGene Munster氏のコメントとして、アップルが先に発表した「発売から3日間における販売台数は900万台」という内容はあくまでも携帯キャリアに卸した台数であり、消費者に対して実際に販売された台数は550万台程度という見解を示しています。

iphone5s-side-by-side

これはiPhone 5sとiPhone 5cの両方を合わせた台数であり、さらに中国が新たに販売第一グループに加わった上での数字です。iPhone 5の初期販売数は500万台とされているので、仮に今回の見解が正しいならば上記要因を加えてもわずか50万台程度の増加に留まったことになります。

先に発表された「900万台」という数字については、販売第一グループの各国で疑問の声が挙がっており、「iPhone 5の際と比較すると在庫が余りすぎている」「3日・4日経過した今でも予約無しで購入できる」といった実情を踏まえて、キャリアへの販売台数ではないかとする見方も存在していました。

[BUSINESS INSIDER via 気になる、記になる]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます