iPhone5Sのホームボタン大きく変化、パーツ流出

リーク情報で毎度おなじみのNowhereelseがiPhone 5Sに搭載されるホームボタン部品を撮影した画像を公開しました。画像を見る限りではiPhone 5のホームボタンと全く別物といって良いほど変化しており、指紋認証機能の搭載がいよいよ現実味を帯びてきました。

Home-iPhone-5S-VS

今回流出した画像が上のもの。iPhone 5と比較するとボタン周辺は似ているものの、それ以外の機構は全く別物になっていることが分かります。

さらに、6月頃にリークされたiPhone 5Sのホームボタン部品とも大きく異なっており、開発が進むにつれて指紋認証機能が実装された可能性があります。とはいえ、6月の段階で未実装ということは通常では考えにくく、6月にリークされたホームボタンはiPhone 5Cのものである可能性も考えられます。

発表1週間を切った段階でいよいよ情報のリークも大詰めを迎えているようです。新色「シャンパン」「グラファイト」などの外装に関するリークは一通り出ていますので、あとは機能に関する部分でしょうか。珍しく(!?)A7を搭載したロジックボードの画像が流出しておらず、その辺りの真相は未だ闇の中です。

WSJが昨年10月に報じた内容によると、アップルの経営陣はNFC決済に「セキュリティ上の懸念」を抱いているとされており、指紋認証などを組み合わせたセキュアなシステムを実現できなければNFCは搭載しないとされています。仮にiPhone 5Sに指紋認証機能が搭載されるならば、単なるロック画面解除に使われるだけということは考えにくく、過去の報道を踏まえればNFC搭載が妥当なところです。

[Nowhereelse]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます