iPhone 5Sの指紋認証機能の名称は「Touch ID」か —ユーザーガイドが流出

「iPhone 5S」の発表を目前にして、同端末に関するリークが相次いでいます。9to5Macは10日(現地時間)、iPhone 5Sへの搭載が予想されている指紋認証機能の名称が「Touch ID」になると伝えています。これは、iPhoneのパーツリークなどでお馴染みのフランスサイト “Nowhereelse.fr” がリークしたiPhone 5Sのユーザーガイドとみられる画像から判明したものです。

manuel-iphone-5s

流出したiPhone 5Sのものと思われるユーザーガイド画像

流出した画像を見てみると、ホームボタン脇に「Home button/Touch ID sensor」との記述があり、「Touch ID」という名称で何らかの機能が実装されることが分かります。指紋認証機能であるということをこの画像から確定することはできませんが、おそらく伝えられている通りの機能であると思われます。また、この画像から、先日お伝えした通りiPhone 5Sにはホームボタンの周りにシルバーリングが加えられていることもみてとれます(過去記事)。

指紋認証機能は、iPhone 5Sのみに搭載されるとの情報があり(過去記事)、今夜新たにラインナップに加わるとされる「iPhone 5C」への搭載は見送られるものとみられています。

同機能の搭載により、iPhone 5Sではパスコードロックに代わる、より強度なセキュリティロックをかけることが可能になると期待されており、電子マネー決済などへの利用が想定されます。

この「Touch ID」機能がどのように応用されるのか、今夜開催の米アップルの発表に注目です。

[Nowhereelse.fr via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます