サムスン、スマートウォッチ「Galaxy Gear」を正式発表 ―スマホとの連携を強く訴求

韓国・サムスン電子は5日(日本時間)、ドイツで開催中の国際家電見本市 “IFA 2013” の会場で、かねてより噂のあったスマートウォッチ「Galaxy Gear」を正式に発表しました。

Verge-galaxy-gear-04

主な機能としては、スマートフォンへの電話着信/メッセージ受信の通知のほか、ボイスコマンドによるウェブ検索や天気情報/交通情報などの表示、高速起動するカメラを用いた画像メモなどがあります。

電話着信時にGalaxy Gearを装着した手を耳元に近づけるだけで通話が可能になるなど、腕時計タイプならではのジェスチャー機能も備えており、「ポケットやカバンにしまった “母艦” を取り出すことなく基本的な機能を利用する」ためのデバイスであると言えるでしょう。

発表会でもスマートフォンとの連携を強く訴求していましたが、対象機種はGalaxy S3およびS4とGalaxy Note 2、今回新たに発表されたGalaxy Note 3・Galaxy Tab 10.1(2014)の計5機種のみとのこと。 

注釈:Galaxy S3とS4、Galaxy Note 2はAndroid 4.3にアップデートする必要があります。

現時点で判明しているスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.3 ?(※)
ディスプレイ 1.63インチ Super AMOLED
解像度 320×320
CPU シングルコア 800MHz Exynos
RAM 512MB
内蔵ストレージ 4GB
カメラ 190万画素、オートフォーカス対応
動画撮影は最大で10秒間
センサー ジャイロセンサー、加速度センサー
GPS なし
Bluetooth Bluetooth 4.0 LE
バッテリー容量 315mAh(取り外し不可)
重さ 73.8g
展開色 本体部分: silver, rose goldの2色
バンド部分: Oatmeal Beige, Rose Gold,Jet Black,
Mocha Grey, Wild Orange, Lime Greenの6色
備考 ・バンド部分にマイク2ヶ所、スピーカー1ヶ所
・70種類以上のアプリがプリインストール

(※)Bluetooth LEに対応しているためだが、直接の言及はなし。

事前のリーク情報ではネットワーク機能を搭載しているとのことでしたが、複数の海外ソースをあたってみた結果、どうやらモバイル通信はもちろんWi-Fiにも対応していないようです

ただ、スマートフォンにインストールされた専用の管理アプリ「Galaxy Gear Manager」を介して外部アプリを追加することは可能となっており、Galaxy Gear専用のアプリストアもオープン予定であるとのこと。

また、バッテリー容量がかなり少なめになっていますが、低電力駆動のため一度の充電で25時間以上の連続使用が可能であるとしています。

q09-03_15-58-55vs_verge_super_wide

verge-galaxy-gear-02

verge-galaxy-gear-05 

verge-galaxy-gear

米国での販売予定価格は299ドル(約3万円)で、日本でも10月から発売されるとのこと。フォーマルな服装にはあまりマッチしそうにない印象のデザインですが、スマートフォンを使い倒すという意味では、便利なアイテムになるかもしれませんね。

[THE VERGE] [SamMobile] [Android Central] [Android Authority]
[記事中の画像は、THE VERGEから引用させて頂きました]
[過去記事: サムスン渾身のスマート腕時計「Galaxy Gear」の正体判明]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます