ソニーは3日、同社が発売する3Dヘッドマウントディスプレイの新型として「HMZ-T3W」「HMZ-T3」の2機種を発表しました。両機種とも、昨年発売された「HMZ-T2」の後継として発売されます。0.7型1280×720HD有機ELパネルを搭載し、発売日は11月中旬を予定しています。市場推定価格はそれぞれ10万円、8万円。

Sony_HMZ-T3_001

HMZ-T3W/T3は、HMZ-T2からの大きな変更点として、独立したバッテリーユニットを備えている点が特徴です。このバッテリーユニットにはHDMI端子・MHL端子が搭載されており、スマートフォンやタブレット端末と連動したコンテンツの再生が可能になっています。

Sony_HMZ-T3_002

スマートフォンなど、モバイル機器との接続イメージ

さらに、上位機種となるHMZ-T3WではWirelessHDを搭載することによって、ヘッドマウントユニットプロセッサーユニット間のワイヤレス接続を実現させています。従来の機種では、レコーダーやゲーム機などと接続する場合、プロセッサーユニットを介してヘッドマウントユニットに出力する必要がありましたが、HMZ-T3Wでは2つのユニット間を無線にすることで、より快適な使用環境を生み出すことに成功しています。

Sony_HMZ-T3_003

ワイヤレス接続のイメージ

また、基本となるAV性能の向上にも期待できそうです。映像面では、有機ELパネルに最適化されたLSIを新開発し、映像に合わせた滑らかな階調表現と高い解像感を実現することで、より自然な映像を楽しむことを可能にしています。また、映像遅延も最小1フレームまで短縮されました。光学レンズにおいてもレンズ設計が見直され、有機ELパネルを覗きこんだ際の解像感の向上に加えて、装着位置がずれた場合に生じる映像のボケ具合が改善されました。

音響面に関してはHMZ-T2の「5.1ch VPT」から改良され、「7.1ch VPT」に対応しています。これによって立体感のある音響空間を生み出し、より臨場感の高まった視聴が楽しめるとのこと。

ソニーによるヘッドマウントディスプレイは、2年前に発売された「HMZ-T1」から数えて3世代目になります。初代機から高い映像品質と臨場感が評価され、モデルによっては入手が大変困難になっていました。今回発表されたHMZ-T3W/T3ではモバイル機器との連携を強く意識させられる仕様になっていますが、その背景としてスマートフォンなどのモバイル機器におけるディスプレイの高画質化や、音響性能の改善などによるユーザーのAV体験に対する意識の変化があるように感じます。

近い未来、新幹線や飛行機のなか、カフェなどでも日常的にヘッドマウントディスプレイをつけた人々を見かけるようになる日が来るかもしれません。

[ソニー