DQ10がスマホで遊べる!スクエニ×ドコモのコラボスマホも登場

NTTドコモとスクウェア・エニックスは30日、スマートフォンとタブレットに関する提携を強化すると発表した。この強化の中では、スクウェア・エニックスが各種プラットフォーム向けに提供する人気オンラインゲーム「ドラゴンクエストX(DQ10)」をドコモの「dゲーム」に提供する内容も含まれる。これにより、DQ10がNTTドコモの独自タブレット「dtab」をはじめとしたスマートフォン、タブレット端末でプレイ出来ることになる。

dゲームにドラクエ10を提供 初期対応機種はdtabのみ

NTTドコモがスマートフォン・タブレット向けに提供するゲームコンテンツサービス「dゲーム」に、スクウェア・エニックスのオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」が提供される。このゲームはドコモ初となるクラウドゲーム。進行状況などに応じて必要な音声・画像データなどをダウンロードする仕組み。従来のアプリではすべてのゲームデータを端末にインストールする必要があったが、端末ストレージ容量を圧迫するだけでなく、DQ10のようなボリュームが大きいゲームは提供し難いという課題が存在した。

操作方法についてもタブレットやスマートフォン向けに最適化されるという。

30_01-2

dゲーム版DQ10では、家庭用ゲーム機やパソコンでプレイしているユーザーと同時に遊ぶことも可能。DQ10の “廃人” こと、ヘビーユーザーにとっては、トイレの中でも旅先でもDQ10をプレイすることが出来る最高の機能となりそうだ。

提供開始時期は2013年12月〜2014年2月予定。初期の対応機種はdtabのみ。対応機種は今後随時追加予定。

ドラクエ×ドコモのコラボスマホ登場

ドラゴンクエストの世界観をスマートフォンに取り入れたコラボレーションスマホを、NTTドコモとスクウェア・エニックスが共同開発する。発売時期は未定。

30_01-3

特徴としては本体外観に、人気キャラクター「メタルスライム」をモチーフにした高級感のあるデザインを採用。素材にメタル(金属)素材が用いられているのか否かについては不明。

本機種限定アプリとなる「ドラゴンクエスト いつでも冒険ダイス」をプリインストール。端末の外観だけでなくソフトウェア面でもドラゴンクエストの世界観を盛り込んでいく。

今後も付加価値の高いサービスを継続検討

今回の発表ではドラゴンクエストとのコラボレーション企画が発表されたが、今回の提携強化は今後も継続して行われる予定。今後はスクウェア・エニックスが提供するドラゴンクエストをはじめとした人気ゲームを、NTTドコモのスマートフォン・タブレット端末に配信することを検討している。

[NTTドコモ]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます