次期Surfaceは Pro2・2・Mini の3モデルでラインナップか

UnwiredViewは5日(現地時間)、米マイクロソフトが発売する次期Surfaceには「Surface Pro 2」「Surface 2(次期Surface RT)」「Surface Mini」の3つがラインナップされると伝えています。

surface_pro_1

現行版Surface Pro

詳細は不明であるとしていますが、以前Neowinが伝えたところによりSurface Pro 2のスペックが一部明らかになっています。デザインは現行版と変わらないとのこと。

OS Windows 8.1
CPU Intel Core i5 (Haswell)
RAM 4GB〜8GB
連続駆動時間 約7時間

また、Surface Miniは7インチ級の端末になると以前から伝えられており、Nexus7やiPad miniの対抗端末としてリリースされるものと思われます。

個人的に気になるのはSurface Pro 2の電池持ちと、日本での発売がいつになるのかという2点です。マイクロソフトの公式ページでは連続駆動時間が公表されていませんが、これまでのレビューからおおよそ4時間程度とされています。伝えられた通り7時間程度になるのであれば朗報と言えそうですが、実際はどうなるのでしょうか。また、日本においてSurface Proは海外に比べて4ヶ月遅れての登場となりましたが、Pro 2の早期発売はあるのでしょうか。

なお、マイクロソフトは10月18日にWindows 8.1を発売するとしていますが、それに合わせて次期Surfaceも登場すると一部メディアが伝えています。

[UnwiredView via 気になる記になる…] [Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます