米ツイッター、「Twitter for iOS」のUI変更を計画か

米ウォール・ストリート・ジャーナル系のハイテク専門メディア「AllThings D」は16日(現地時間)、米ツイッター社の公式iOSアプリ「Twitter for iOS」において、近日中にUIの刷新が行われると報じています。

9月18日(米国時間)に無料配布が行われる米アップルの新モバイルOS「iOS 7」のリリースにあわせ、最適化させたマイナーアップデートを挟み、その後UIの刷新が行われる模様。画面下部のタブが取り払われ、スワイプによるタブの切り替えができるようになるとのことです。また、従来のタイムライン表示に加え、写真を添付したツイートのみを表示したり、テレビの話題についてのツイートを表示したりすることができるようになると伝えられています。

twitter_discover_update

ツイッターの公式モバイルアプリは、iOSをはじめAndroid、Windows Phone、Blackberryに配信されています。その中で、Android版はバージョン4.0を境にタブをスワイプするUIへと変更が行われましたが、iOS版に関しては従来のUIが継続して用いられていました。今回伝えられたアップデートでは、先行したWindows Phone版やAndroid版のようなUIになることが予想されます。筆者としては現在のTwitter for iOSのUIのほうが使いやすいと感じていますが、読者の皆さんはどうでしょうか。

2013-09-17 22.05.35 2013-09-17 22.07.54

(参考:左「Twitter for iOS」、右「Twitter for Android」)

ツイッターは今年2月にソーシャルテレビの分析を行っていた「Bluefin Labs」社を買収しており、テレビとの連動を重要視していると考えられます。ソニーのTVアプリケーション「torne」のツイッター連動機能をはじめとしたツイートとテレビとの融合は、テレビという媒体にどのような影響をもたらすのでしょうか。今後の動向から目が離せません。

[AllThings D]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます