NTTドコモは12日、同社が販売するソニー製Androidタブレット端末「Xperia Tablet Z SO-03E」にアップデートを実施し、「フルセグ受信機能対応による地上デジタル放送視聴」に対応したことを明らかにしました。

Xperia Tablet Z SO-03Eは、従来、ワンセグ放送のみに対応していましたが、今回のアップデートによってハードウェアの変更を必要とせずにフルセグ放送の視聴が可能となります。

Xperia_Tablet_Z

搭載されているチューナー等が元々対応していたものと思われますが、フルセグ放送の受信に際してアンテナなどの拡張ハードウェアを必要としないのは意外なところ。Xperia Tablet Z SO-03Eは10.1インチのサイズですので、ある程度の利得を得られるものとみられます。

アップデート時間はWi-Fi/Xi/FOMAのいずれを用いても約6分。上記の新要素以外にも「一部ゲームアプリの音声に雑音が入る事象」も修正されます。

[NTTドコモ]