Adobeのオンラインサービスで290万人の個人情報流出 最重要ソースコードの流出も

アドビシステムズは3日(米国時間)、同社がサイバー攻撃を受け、約290万人の顧客データが流出した可能性が非常に高いと発表しました。今回のサイバー攻撃ではAdobe IDとパスワードの他、暗号化されたクレジットカード番号・有効期限、注文履歴も流出の対象となっています。

具体的な言及はありませんが、Adobe ID自体が流出したとのことなので、同社が提供するクラウド型サービス「Creative Cloud」の利用者に加えて、左記のサービスを利用していないAdobe IDのみを登録しているユーザーも被害の対象である可能性があります。

creative-cloud_thumb

アドビ社は今回の措置を受け、パスワードのリセットを実施。対象となるユーザーはパスワードの再設定方法について電子メールを通じて案内が届くとしています。

なお、今回の攻撃では個人情報だけでなく、同社製品の最重要機密データの一つである「ソースコード」も多数流出した可能性があり、影響の範囲について調査を行っているとのことです。

ソースコードが流出したとなると、第三者が勝手にアドビ製品の改造・改ざんが出来るようになるだけでなく、ソースコードから判明する脆弱性を利用した新たなサイバー攻撃が行われる可能性もあります。アドビ社の根幹を揺るがしかねない事態だけに、今後に注視する必要がありそうです。

[アドビシステムズ – 英語]
[THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理をしています。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます