米アップル、新型iPad Airを正式発表 ―第5世代はより薄く・軽く

米アップルは22日(米国時間)、同社の新型タブレット端末「iPad Air」を正式発表した。この端末は9.7インチのRetinaディスプレイを搭載したモデルで、従来モデルよりも薄く・軽くなったのが特徴。

DSC_0559

クックCEOは過去を振り返りながら「我々は革新的で最も先進的な技術を第3世代iPadに導入した」と前置きした上で、1.7億台のiPadが販売されたことを強調。「ネットブックを覚えている人はいますか?」と、当時、アップルがネットブック市場に参入しなかった判断が正しかったことを示した。

DSC_0505

新型はiPad Airの名称を採用。従来モデルと比較してベゼルが43%も細くなった。

DSC_0561
DSC_0564

重さは従来の1.4ポンド(約635g)から1ポンド(約453g)に減少した。

DSC_0568

プロセッサには新開発のA7を搭載。こちらはiPhone 5sにも搭載されている。64bit命令に対応した新開発のもので、従来比で2倍の演算性能・2倍の浮動小数点演算性能を実現。初期のiPadと比較すると8倍も高性能になった。

Wi-Fi MIMOに対応。販売地域として日本ではソフトバンクモバイル・KDDIの二社が挙げられた。

DSC_0574

背面カメラは500万画素。バッテリー駆動時間は10時間。カラー展開は「スペースグレイ」と「シルバー」の二色展開となる。

DSC_0584
DSC_0581

発売は11月1日。日本を含む多数の国で発売される。iPad Airの16GB・Wi-Fiモデルは499ドル(約4万8900円)。一方、LTE通信などに対応するセルラーモデルは629ドル(約6万1700円)。

なお、Retinaディスプレイに対応しない第2世代iPadは「iPad 2」の名称を採用しながら、16GB・Wi-Fiモデルが399ドル(約3万9100円)で併売される。

2013/10/23 3:32 JST
日本のApple Online Store上で価格が発表されました。

容量 価格
16GB 5万1800円
32GB 6万1800円
64GB 7万1800円
128GB 8万1800円

[image credit : THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます