NTTドコモは10日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE EX SH-02F」を正式発表した。この端末は横幅が約63mmとスリムながらも4.5インチで1920×1080ドット表示に対応した液晶ディスプレイを搭載しているのが特徴。重さも約122g(予定)と非常に軽く、「みんな満足のスマホ!」とのキャッチコピー通りの仕上がりになっている。2014年1月発売予定。

ap-ex

液晶ディスプレイにはシャープでお馴染みのIGZOディスプレイを採用。独自映像処理エンジン「FEEL artist」を採用することでバッテリー消費を抑えることに成功した。4.5インチでフルHD表示に対応するため、ピクセル密度(本来の意味での解像度)は487ppiを実現。「髪の毛1本1本までこんなにリアル」と称するように、非常に高精細なディスプレイである。

スペックの面でも妥協がなく、クアルコム製のハイエンドプロセッサSnapdragon 800シリーズのMSM8974を搭載。2.2GHz駆動のクアッドコアでハイパフォーマンスを実現する。RAM容量も2GBと、もはやハイエンドスマートフォンといっても過言ではないほど。

詳細なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.2
ディスプレイ 約4.5インチ
IGZO液晶
解像度 1920×1080ドット
CPU 2.2GHz駆動 クアッドコア
Snapdragon 800 MSM8974
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC対応
背面カメラ 約1310万画素
前面カメラ 約120万画素
対応ネットワーク LTE / 3G
Xi : 150Mbps / 50Mbps
LTE : 800/1500/1700/2000MHz
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応(録画対応)
NOTTV
赤外線通信 非対応
おくだけ充電 非対応
バッテリー容量 2120mAh
バッテリー取り外し可否
防水・防塵 IPX5/IPX7
サイズ 約128(H)×63(W)×9.8(T)mm
重さ 約122g
展開色 Magenta / White