台湾ASUS、周辺機器に留まらないウェアラブル端末を開発へ

EMSOneは16日、アラブ首長国連邦の英字紙「Gulf News」が行った取材の中で、台湾ASUSがスマートフォンなどの周辺機器に留まらない「スタンドアローン」なウェアラブルデバイスの開発に注力する考えを示したと伝えています。これは、同社の副総裁 “陳彦政” 氏が、スマートウォッチなどのウェアラブル端末に対する方向性について言及したもの。

asus-padfone-2-630

Padfone 2

同社は、スマートフォンをタブレットと組み合わせて一つの端末として使用する「Padfone」などで有名ですが、ウェアラブル端末への進出も前向きなようです。

他の機器に依存しない独立した端末を開発するとしていますが、具体的にはどのようなものになるのでしょうか。スマートフォンと連携しなくても全く問題ない腕時計型端末か、はたまたメガネ型端末か。Padfoneのような一風変わった端末を出す同社ならではの製品が登場する可能性もありそうです。

ますます各社の参入が加速するウェアラブル端末ですが、この流れに日本企業はどう立ち向かうのでしょうか。ソニーは先んじて腕時計型端末の発売を果たしていますが、その他の大手企業はあまり動きをみせていません。

[EMSOne]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます