我々は見捨てない ―米グーグル、Windows XP向けChromeのサポートを15年春まで継続

米グーグルは16日(現地時間)、Google Chrome Blogの中で、Windows XP向け「Chrome」のサポートを2015年4月まで延長すると発表しています。現在、同社のブラウザ「Chrome」を利用している人のうち数億人がXPを利用中であるとしており、それを受けてセキュリティパッチの適用やアップデートを継続して行うことを決めたとのこと。

Windows XPは来年4月9日をもって、米マイクロソフトによるサポートが終了する予定です。グーグルとしては「その後は是非Chromeを使ってね!」という目論みがある模様です。

GoogleChromeExtensionEnsures-636x310

今回のグーグルの施策は、XPを継続して利用したい・せざるを得ないユーザーにとって嬉しいお知らせと言えそうです。とはいえ、OS自身のサポートが行われなくなることには変わらないので、出来る限り次世代OSへのアップデートが望まれます。

私的な感想ではありますが、超長寿命であったXPの終わりが遂に間近に迫っていると思うと、なにか感慨深いものがありますね。

[Google Chrome Blog via 気になる、記になる…]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます