NTTドコモは10日、韓国サムスン製のAndroidスマートフォン「Galaxy J SC-02F」を正式発表した。このモデルはサムスンのモバイル向けブランド「Galaxy」を冠しながらも、日本向けにカスタマイズされたモデル。サムスンがキャリア向けに特化したモデルを開発するのは稀なこと。10月下旬発売予定。

galaxy-j

Galaxy J SC-02Fは日本向けにカスタマイズされたモデルながらも、OSには最新のAndroid 4.3を採用。2.3GHz駆動のクアッドコアSnapdragon 800 MSM8974を採用するなどスペックにも注力。RAMも3GB搭載するなど、Galaxy Note 3に匹敵するスペックとなっている。画面サイズは約5.0インチで、1920×1080ドットのフルHD表示に対応する。ディスプレイ方式は有機ELのSuper AMOLEDディスプレイ。

カメラには約1320万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。下り最大150MbpsのXiサービスにも対応する。その他日本向けの機能としてワンセグ、赤外線通信などにも対応する一方、防水・防塵には対応しない。

日本向けなのは本体デザインだけでなくソフトウェア面でも使いやすさを優先したカスタマイズが施されている。平仮名・英語・数字を入力する際に切り替えが不要な「8フリック」式キーボードなどもその一つ。

詳しいスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.3
ディスプレイ 約5.0インチ
解像度 1920×1080ドット
CPU 2.3GHz駆動クアッドコア
Snapdragon 800 MSM8974
RAM 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC対応
背面カメラ 約1320万画素
前面カメラ 約210万画素
対応ネットワーク LTE / 3G
Xi : 150Mbps/50Mbps
LTE : 800/1500/1700/2000MHz
Wi-Fi 802.11 q/b/g/n/ac
テザリング最大10台
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応(録画対応)
NOTTV
赤外線通信 非対応 ただしIrRCリモコンに対応
おくだけ充電 非対応
バッテリー容量 2600mAh
バッテリー取り外し可否
防水・防塵 非対応
サイズ 約137(H)×70(W)×8.6(T)mm
重さ 約146g
展開色 Coral Pink/Satin White/Lapis Blue