KDDI、Galaxy Note 3 SCL22を正式発表 ―フラグシップを早期投入

KDDI、沖縄セルラーは2日、韓国サムスンモバイル製のAndroidスマートフォン(ファブレット)「Galaxy Note 3 SOL 22」を正式発表した。発売予定日は10月下旬。

Galaxy Note 3は、先月ドイツで開催されたIFA 2013で発表されたばかりの端末。サムスンが展開するスマートフォンでは「Sシリーズ」に次ぐ主力製品。最新のAndroid 4.3を搭載していることも特徴になっている。

p_besshi2_01

ディスプレイには、約5.7インチでフルHD表示に対応する有機ELディスプレイを採用。ワコムの技術を採用したペン入力に対応し、スマートフォンよりも一回りサイズが大きいカテゴリである「ファブレット(造語)」と呼ばれることもある。

日本向けの仕様としては、ワンセグ受信、おサイフケータイに対応している。

主なスペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.3
ディスプレイ 約5.7 インチ 有機ELディスプレイ
解像度 1920×1080ドット
CPU
RAM 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC
背面カメラ 約1320万画素
前面カメラ 約210万画素
対応ネットワーク 4G LTE対応 : 下り最大150Mbps
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応
フルセグ 非対応
赤外線通信 非対応
おくだけ充電 非対応
バッテリー容量 3200mAh
バッテリー取り外し可否 可能
防水・防塵 非対応
サイズ 約151(H)×79(W)×8.3(T)mm
重さ 約171g
展開色 クラシックホワイト
ジェットブラック

[KDDI]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます