サムスン、曲面スマホGalaxy Roundを正式発表 スペックも凄い!

韓国サムスンは9日、曲面ディスプレイを採用したAndroidスマートフォン「Galaxy Round」を正式発表しました。この端末は約5.7インチのフルHD表示に対応したSuper AMOLEDディスプレイを搭載。カーブは凹を描いており、事前情報では凸を描いているのではないかとされていただけに意外なものとなりました。

d4

凹面になったことで、約5.7インチという大型ディスプレイを搭載しても片手操作がしやすくなったのが特徴の一つ。カーブデザインのディスプレイの活かし方としてはある意味、正当で理に適っています。

galaxy-round

さらに本体デザインもGalaxy S4とは一線を画し、本体背面には合皮素材のようなものを採用。周囲にステッチを施すことでまるで手帳のような外観デザインになっています。本体の厚みは7.9mmで重さは154g。

ただ単に曲面ディスプレイを採用しているだけではないのがGalaxy Roundの特徴で、スペックにも妥協がありません。CPUにはSnapdragon 800シリーズのMSM8974を搭載。2.3GHz駆動のクアッドコアでパワフルな処理を実現します。RAMは3GBと、Galaxy Note 3と同等です。

516

カーブを活かしたUIも採用されているのも大きな特徴の一つで、机などに置いている際、本体を左右どちらかに少し揺らすだけで時計やバッテリー残量、不在着信、メッセージ受信履歴などをチェックすることができます。これらは「バウンスUX」と呼ばれるもので、音楽再生中には左に揺らすことで「戻し」、右に揺らすことで「送り」操作が可能です。PCで作業しながらスマートフォンを操作するといった場合には便利な機能です。

韓国市場での販売を念頭においており、LTEの高速拡張規格「LTE-Advanced」にも対応。それは背面にもしっかりと刻まれています。現時点では韓国国内のみでの販売がアナウンスされていますが、その他の地域で販売されるのか否かについては不明です。

曲面スマホと聞くと、スペック競争過渡期の苦肉の策といった印象を受けがちですが、大画面化するディスプレイに対応する1つの手段としては面白い試みのように思えます。実際の使い心地なども含めてぜひとも確認してみたいところです。

[SAMSUNG] [Slashgear]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます