Google Chromeがバージョン30に到達 ―ページ内の画像からWeb検索が可能に

米グーグルは1日(現地時間)、同社の開発するWebブラウザー「Google Chrome」の最新版を公開しました。同社ホームページから無料でダウンロードできるほか、既に利用しているユーザーは順次自動でアップデートされます(手動更新も可能)。

注目の新機能は、Webページ上にある画像を右クリックすることで、その「画像」をGoogleで検索できるというものです。この「画像による検索」機能は、類似画像や関連画像だけでなく、その画像に関連したWebページの情報も返してくれます。

実際にやってみた。

この検索機能、結構便利なので実際に使ってみて紹介したいと思います。

スクリーンショット (141)

こちら、当サイトのBlackBerryに関する記事(リンク)。記事の内容とは直接関係ないこの機種名は何なんだろうか…と思ったときは、画像の上で右クリックして「この画像をGoogleで検索」をカチッ。

スクリーンショット (142)

すると新しいタブが現れ、画像に関連した情報を返してくれます。

スクリーンショット (143)

グーグルによると、この機種はBlackBerry Tour(9630)とのこと。類似画像も提示してくれました。

スクリーンショット (144) スクリーンショット (145)

ご存知の方も多いかと思いますが、「画像による検索」機能自体は従来から提供されており、このように検索バーのカメラアイコンをクリックするか、画像をドラッグすることで検索できます。

Chromebook_Pixel_800x532

グーグルがWebブラウザーを開発する理由の一つとして、自社サービスをよりよく使ってもらうことが挙げられます。今回の新機能も、画像検索にアクセスしやすくすることが目的だと思われますが、同社だけではなくユーザーにとっても嬉しい改善となっており、筆者は歓迎したいと思います。

できれば他のブラウザーにもこのような機能を期待したいところです。しかし、グーグルのほかに検索エンジンとWebブラウザーの両方の開発を行っているのは、大手ではマイクロソフトのみとなっています。Internet Explorer 11には同様の機能は搭載されない予定ですが、(あるとすれば)バージョン12以降で検索の統合が進むことを願います。

[Internet Watch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます