新型iPad miniのゴールド色の画像登場 指紋認証にもバッチリ対応

毎度おなじみフランスのWEBサイト「NowhereElse.fr」が、”iPad mini 2″ こと、新型iPad mini ゴールドモデルの本体画像を掲載しています。高精細液晶のRetinaディスプレイを搭載しているとみられるiPad mini 2ですが、iPhone 5sに引き続いて「新色・ゴールド」が投入されることで色の争奪戦が再勃発しそうです。

ipad_mini_2_back

いわゆるツートンカラーを採用しているiPhone 5sと違って、iPad miniの場合は背面パネル全体がゴールド色になるので、かなり上品な印象を受けます。斜めから見た場合はゴールドに見えますが、正面から見るとシルバー寄りの色に見えるという特徴もあるので嫌味は全くありません。

ipad_mini_2

こちらが正面から撮影された画像です。Lightning対応であることは言うまでもありませんが、指紋認証機能「Touch ID」で特徴的なホームボタンの金属リングが確認できます。この部分に指が触れることでTouch IDが起動する仕組みになっているので、Touch IDを搭載する際には欠かせない部品の一つです。

登録した指紋毎にプロファイルが変更される仕組みが導入されれば、家庭内でタブレットを共有しやすくなりますが、そのような新機能の発表は行われるのでしょうか。実装されるとするならば iOS 7.1がちょうどそのタイミングですので、今月中旬にも開かれるとみられるメディアイベントに期待がかかります。

[NowhereElse.fr via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます