次世代デバイスは眼鏡や時計ではない!指輪だ! ―日本企業ログバー、2014年実用化

来年、再来年にかけて徐々に普及に向かうとされるウェアラブルデバイス。メガネや時計が話題になる中、日本から新しい端末が登場します。その名も「Ring」。なんともシンプルなネーミングですが、名前の通り指輪型のデバイスです。日本発ベンチャー企業「ログバー」が開発を行っており、2014年には発売する見通しです。

まずはこちらの映像をご覧ください。

映像では、日常で役に立つ・遊べる多くの機能が紹介されています。

同デバイスは、人差し指につけてジェスチャーで操作を行います。簡単なメッセージを送信することも可能で、映像を見る限りではとても快適に文字の入力ができていることがわかります。また、食事の支払いや改札口で使用することができるほか、同端末を付けた人同士で握手するだけで、連絡先の交換も可能。こんな小さなデバイスに存在するとは思えないほど多くの機能が詰まっていることがわかります。ちなみに、ここで紹介した以外にも面白そうな機能がたくさんあるようなので、気になる方は是非動画をご覧ください。

さらに、この端末の注目点は、デベロッパー向けに「API」を公開するという点。スマートフォンのように周辺機器やアプリの作成がサードパーティで可能で、同端末専用の「Ring Store」もオープンする見通しです。

なお、端末の詳細は明らかにされていないものの、動画の終盤ではスマートフォンとの連携が示唆されており、なんらかの通信機能(おそらくWi-FiかBluetooth)で繋がるものと予想されます。

ring2

この「Ring」、個人的には期待度が高いと感じています。時計型やメガネ型とは違った手軽さがあり、尚且つ多機能。また、画面がないのが一つの特徴と言えますが、これが他との差別化を図ることにもなりそうです。逆に気になるのはジェスチャーの精度や電池もち、着け心地といったところですが、そのあたりに問題がなければ新しい世界が開けそうです。

早ければ1年以内にお目にかかることになりそうですが、果たして製品版はどうなるのか、注目です。

[Ring via ITmedia]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます